トップ 貸衣装ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

貸衣装 ナビ礼服の基本知識 > 礼服の選び方

礼服の選び方

___ad_entorytop___

礼服の選び方の画像

みなさんは礼服と聞くと、どのようなものを想像されるでしょうか?大抵の方が、健康式やお葬式など、冠婚葬祭を思い浮かべられるのではないでしょうか?実際、礼服はそういった冠婚葬祭など、きちんとしたマナーの一つとして礼服の着用が求められますよね。たとえば、お葬式で礼服は喪服とも呼ばれていますが、学生の方などの場合には制服が礼服として認められています。

人生のなかで必ず遭遇する礼服が求められる日のために、特に男性の方の場合は一着用意しておくと安心ですし、女性もお葬式用の喪服を用意しておけば安心ですよね。シンプルで黒を基調とした、長く着られるデザインを選んでおけば長く着れます。礼服は正礼服・準礼服・略礼服の大きく3つにわけられます。できれば3つ用意しておけば、結婚式やお葬式があるたびに着ていく服装で慌てることはふせげます。では、どのようなシチュエーションで正礼服や準礼服、略礼服を着用すればよいのでしょうか?

まず、最近では結婚式の披露宴などでは大抵略礼服が選択されています。格調の高い式でしたら正礼服のモーニングと呼ばれるスーツが選ばれますが、特に、昼間の結婚式であれば男性は黒や暗い色のスーツに立襟のYシャツ、また、アスコットタイとも呼ばれている白いネクタイに、ポケットチーフなどです。

女性の場合は、パステルカラーのドレスにシフォンの透けたショールなどを着用される方が多いようですが、最近では昼間の結婚式にも黒を着用される方が増えているようです。夜の結婚式の場合も、暗めの色のスーツに立襟のシャツ、それからYシャツに蝶ネクタイとポケットチーフが一般ティです。女性で夜の結婚式出席の場合には、イブニングドレスと呼ばれるロングドレスなどを選ばれる方もいらっしゃいます。

また、喪服の場合には通常喪主や遺族・親族の場合黒喪服を着用するのが普通ですが、グレーなどダークカラーのワンピースなどで略式喪服として通用します。

今日のお勧め記事 ⇒ 礼服と靴

結婚式などの場合は、招待状を貰った時から準備期間が十分あるからよいですが、お葬式などの場合はその日のうちにお通夜に出席、などとなるため、喪服のための礼服は用意しておきたいものですよね。良くあるのが、喪服は用意しておいたのに、一緒に持って行くための黒いバッグや靴下、ストッキングなどがなくて慌てて買いに行くというケースです。喪服のときにはとくに、靴などにも暗黙のルールがありますよね。 たとえば、喪服のときの靴の場合の礼儀としては、黒の皮靴で金具などのないシンプルなもの履くことで

貸衣装 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。