トップ 貸衣装ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

貸衣装 ナビ礼服の基本知識 > 礼服の着こなし

礼服の着こなし

___ad_entorytop___

礼服の着こなしの画像

礼服を着る機会はそうめったにあるものではないので、なかなか礼服をきちんと着こなせているのか不安に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで、ここでは礼服の着こなしについて考えてみたいと思います。

まず、礼服には大きく分けて3種類に分かれると先に述べましたが、その中でも一番格式の高いとされているものが正礼服と呼ばれているものです。正礼服を着用する場合のイベントは、何かの式典や格式の高い結婚式などで、その式の主役の方などが着用するものです。

女性は種類も豊富ですのでここでは、男性について触れておきましょう。男性の場合、昼間の結婚式の正礼服といえば、モーニングコートと呼ばれるものが定番です。モーニングコートと言われてもピンと来にくいかもしれませんので簡単に説明をすると、黒のジャケットにストライプのパンツ、それにジャケットとおそろいの布のベストを着用するもので、ボタンは1つボタンのピークドラペルと呼ばれるものが基本となっています。

夜の正礼服は、みなさんお馴染み燕尾服で、コートの後ろ部分が長くなっている正礼服ですね。ただ、結婚式や披露宴に及ばれした時に一般的に男性が着用していく服は、準礼服と呼ばれている黒やグレー、濃紺など暗い色のスーツで、やはりボタンはピークドラペルが基本とされています。夜の準礼服では、タキシードなどを着用する方も多いのだとか。

女性の場合は、礼服のスーツでも、スカートのスーツにパンツスーツ、ワンピースにジャケットといったスタイルまでたくさんの中から選ぶことができます。教会などで結婚式に出席する場合は、肩の出ているものはNGとされていますから、ストールを持参しておくと便利ですよ。

今日のお勧め記事 ⇒ 着物と髪型

日本の礼服の代表とも言える、着物。着物には留袖から振袖、小紋などいろいろな種類がございますが、それに合った髪形を合わせるのもまた粋なものですよね。成人式や結婚式など、何かの機に着物を着ることになったときに、髪型をどうするか、女性の方なら悩まれるかと思います。 着物の髪型として定着しているのは、ロングヘアをアップにするスタイルですが、セミロングくらいの長さがあれば着物のアップヘアは自分の髪でできるようです。ショートヘアだけれどアップの髪型にしたい場合には、エクステンションを利

貸衣装 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。