トップ 貸衣装ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

貸衣装 ナビ礼服の基本知識 > 礼服のマナー

礼服のマナー

___ad_entorytop___

礼服のマナーの画像

礼服のマナーと聞くと、どんなマナーがあるのか心配になってしまいそうですが、礼服のマナーは覚えておけば安心ですよね。まず、結婚式や披露宴の際のマナーについては礼服の着こなし方で少々触れているため、その着こなし方を参考にしていただければと思います。今回は特に葬儀時の礼服のマナーについて、考えてみたいと思います。

葬儀に参列する場合には、もちろん最低限の常識的なマナーとして礼服の着用が筆頭にあがります。一般的な葬儀時の礼服は、喪服と呼ばれている黒のスーツなどですが、喪服にも夏用のものと冬用のもの、それからオールシーズンに対応している素材のものがございます。ただし、いくらオールシーズン対応の素材とは言え、真夏の炎天下のときや極寒の冬にオールシーズン対応の素材の礼服の場合は、なかなか辛いものがございますから、できれば夏用の礼服一着と冬用の礼服一着を揃えておければ安心です。

女性の場合の葬儀用礼服のマナーとしては、まず葬式に参列することになったときに、自分が遺族や親族なのか、それとも出席者なのかによっても服装が変わってきます。葬儀に参加する参加者の場合は、略式喪服と呼ばれる喪服でOKとされていますよ。

女性の略式喪服というのは、黒だけでなく、紺やグレーといった暗い色のスーツやワンピースのことです。お葬式に着用する衣服では、光沢感のある素材のものや透ける素材、また柄のあるものは非常識とされています。お葬式にはパンツスーツではなくスカートのスーツというのも、お約束の一つです。また、靴やストッキングは黒を選択するようにしたいですね。女性の場合は、できれば黒でシンプルな喪服を夏用・冬用として一着ずつ用意しておいたほうが、急に必要になったときにあわてないで済みますからお勧めですよ。

今日のお勧め記事 ⇒ 礼服のオーダー

礼服は、しょっちゅう着る機会のあるお洋服とは違い、一年にそう何回も袖を通す機会がありませんよね。ですが、たとえば結婚式や披露宴といった場合には、主役の花婿や花嫁は一生に1回ですし、また親族の方にとってもその瞬間は一生に1回です。できれば、自分の体にぴったりフィットした礼服を、格好よく着こなしたいものですよね?そんな方にお勧めなのが、礼服のオーダーです。 男性の場合は、ダークスーツやモーニング、ディレクターズスーツ、タキシードや燕尾服も、自分の好きな形のものや素材を選んで組み

貸衣装 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。