トップ 貸衣装ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

貸衣装 ナビ礼服の基本知識 > 礼服のオーダー

礼服のオーダー

___ad_entorytop___

礼服のオーダーの画像

礼服は、しょっちゅう着る機会のあるお洋服とは違い、一年にそう何回も袖を通す機会がありませんよね。ですが、たとえば結婚式や披露宴といった場合には、主役の花婿や花嫁は一生に1回ですし、また親族の方にとってもその瞬間は一生に1回です。できれば、自分の体にぴったりフィットした礼服を、格好よく着こなしたいものですよね?そんな方にお勧めなのが、礼服のオーダーです。

男性の場合は、ダークスーツやモーニング、ディレクターズスーツ、タキシードや燕尾服も、自分の好きな形のものや素材を選んで組み合わせ、オーダーをすることができますし、女性の場合も自分のサイズに合ったドレスを好きなデザインで購入することができます。みな似たようなスーツになりがちの礼服ですが、オーダーをすれば素材やフィット感で周りの方に差をつけることもできますよね!また、シングルかダブルの礼服にするかは、基本的にはどちらでもOKのようですが、シングルの場合には一緒に中に着るベストも作っておけば、いろいろな場面で対応できてお勧めのようです。

オーダーメイドの礼服は、男性の場合も女性の場合も、価格はピンからキリまで用意されています。例えば、自分のサイズぴったりに合わせて作ってもらう場合は、型紙があらかじめ用意されている場合よりもお高くなりますし、また生地の種類によっても差が生じますよね。

安く済ませたい方は、自分で自分の体のサイズをしっかり把握して、インターネット上でオーダーメイドの礼服を頼むと、お店でやってもらうよりは安く仕上がるようです。ただし、お店でやってもらうほうが実際の出来上がりを予想しやすいですし、インターネットでは画面では気に入ったものの、実際に手にしたらチャチかったという場合もありますので注意が必要です。

今日のお勧め記事 ⇒ 礼服小物

冠婚葬祭など、フォーマルな時に着用する礼服には、それにあった小物を用意しておきたいものです。特にお葬式などは突然お知らせがくるものですから、急な不幸の知らせにも慌てずに着用できる礼服と小物の準備をしておきたいものです。礼服は用意してあったのに、小物がなかった!ということがないように、礼服を購入と同時に必要なものをすべて揃えておくことをお勧めします。 お葬式用の礼服小物としてあらかじめ準備しておきたいものは、女性の場合は黒のストッキングと靴、黒のバッグ、それに葬式の手伝いを考

貸衣装 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。