トップ 貸衣装ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

貸衣装 ナビ礼服の基本知識 > 礼服のレンタル

礼服のレンタル

___ad_entorytop___

礼服のレンタルの画像

一年にそう何回も着ることがない服、礼服。購入した方がよいのか、レンタルした方がよいのかで悩む方もいらっしゃるようです。レンタルか購入か悩んでいる方のために、ここでは礼服のレンタルのメリット、デメリットについて考えていってみましょう。

まず、礼服のレンタルの良い点は、購入するよりも安いという価格面です。ただし、一回借りるあたり1万円くらいはしますから、何回か借りると購入した方が安かったなということもあるかと思います。けれど、礼服のレンタルの場合、例えば結婚や出産などで体形が変わってしまった方も高いお金を出して買った礼服が着れなくなったと泣くことはないですよね。

礼服は1年を通して何回も着るかと言えば、礼服を着る機会はなかなかないので、礼服を購入した場合、しばらく着ないうちになんだかデザインがやぼったく見えてしまう、ということもあり得ます。ですが、礼服のレンタルの場合は、常に最新のデザインのものを着用することが可能ですよね!

このように、礼服のレンタルのメリットは、「体形が変わっても対応できる」、「飽きることはなく、最新のデザインが着用できる」、「礼服を買う資金が苦しい時に、対応できる」という3点といえそうです。デメリットは、「急に喪服が必要になったときに大変」、「1年に何回も借りる機会があると、購入した方が安い場合もある」の2点ではないでしょうか。

結婚式や披露宴で着用するための礼服はレンタルし、喪服は急に必要になってもあわてずに対応できるように購入しておくのがベストな方法といえそうですね。

今日のお勧め記事 ⇒ 礼服と靴

結婚式などの場合は、招待状を貰った時から準備期間が十分あるからよいですが、お葬式などの場合はその日のうちにお通夜に出席、などとなるため、喪服のための礼服は用意しておきたいものですよね。良くあるのが、喪服は用意しておいたのに、一緒に持って行くための黒いバッグや靴下、ストッキングなどがなくて慌てて買いに行くというケースです。喪服のときにはとくに、靴などにも暗黙のルールがありますよね。 たとえば、喪服のときの靴の場合の礼儀としては、黒の皮靴で金具などのないシンプルなもの履くことで

貸衣装 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。