トップ 貸衣装ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

貸衣装 ナビ > 礼服を着るにあたって

礼服を着るにあたって

夏の礼服

冠婚葬祭時は着用することでマナーを守り、相手への敬意も表すことができる礼服。結婚式やお葬式などでは必ず着用することがルールである礼服は、1年を通して急に必要になるかもしれない服でもあります。そこで、たとえばお葬式のときに着用する喪服においては、オールシーズン対応の素材でできた喪服が開発され、販売されています。 ですがやはり、極寒の冬に薄での喪服では寒さに耐えるのが大変ですし、その逆に夏の喪服も長袖のものだと汗でべっとりとなってしまうかもしれません。そこで今回は、夏の礼服、と

礼服を着るにあたっての記事

礼服を着るにあたってのカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

夏の礼服

夏の礼服

冠婚葬祭時は着用することでマナーを守り、相手への敬意も表すことができる礼服。結婚式やお葬式などでは必ず着用することがルールである礼服は、1・・・


礼服と靴

礼服と靴

結婚式などの場合は、招待状を貰った時から準備期間が十分あるからよいですが、お葬式などの場合はその日のうちにお通夜に出席、などとなるため、喪・・・


礼服小物

礼服小物

冠婚葬祭など、フォーマルな時に着用する礼服には、それにあった小物を用意しておきたいものです。特にお葬式などは突然お知らせがくるものですから・・・


礼服と髪型

礼服と髪型

礼服を着用する際に特に女性陣がお悩みになるのが、礼服に合った髪形をどうするかということです。たとえば、披露宴などの髪型でしたら美容師さんに・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 着物のレンタル

人生の節目や冠婚葬祭で着用することになるのが礼服ですが、中でも伝統的な着物を着用するのも日本の美しさや伝統を感じる気がしてお勧めです。ところが厄介なことに、着物はお値段が高く、美しい着物を虫食いなどから保護するために気をつかわなければならないなど、なかなか気軽に着物を購入できないのが着物の悲しいところですよね。 もちろん、おばあさまが成人式にお召しになり、その娘であるお母様もお召しになった振袖を孫が着る、ということもございますが、やはり着物も時代とともに好まれる柄が変わって

貸衣装 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。