トップ 貸衣装ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

貸衣装 ナビ礼服を着るにあたって > 礼服と靴

礼服と靴

___ad_entorytop___

礼服と靴の画像

結婚式などの場合は、招待状を貰った時から準備期間が十分あるからよいですが、お葬式などの場合はその日のうちにお通夜に出席、などとなるため、喪服のための礼服は用意しておきたいものですよね。良くあるのが、喪服は用意しておいたのに、一緒に持って行くための黒いバッグや靴下、ストッキングなどがなくて慌てて買いに行くというケースです。喪服のときにはとくに、靴などにも暗黙のルールがありますよね。

たとえば、喪服のときの靴の場合の礼儀としては、黒の皮靴で金具などのないシンプルなもの履くことです。普段会社に履いていっている靴を履けばいいや、と考えていたのに、いざ見てみたら留め金がくっついていた、などとなると礼儀に欠けてしまいます。もちろん男性の場合は、会社に履いていく靴がフォーマルに対応できる場合が多いですが、黒の皮靴ならなんでもいいというわけではなく、留め具などの飾りがついていないものを用意しておくのが安心です。女性の場合も同じく、黒のシンプルな靴を用意しておくとよいですね。

また、結婚式に出席するための靴であれば、女性の場合はドレスに合った靴がベストです。 結婚式の場合は、どちらかといえば華やかな服装が好まれますから、靴にも飾りなどがついていたもOK。これといった規定はないので、選ぶのも楽しいのではないでしょうか?男性の場合は、冠婚葬祭対応できるシンプルな飾りのない黒の皮靴を1足用意しておけば、結婚式でもお葬式でも対応できますし、太った痩せたなどで靴のサイズが変わることはありませんから良いものを購入しておくと安心ですね。

今日のお勧め記事 ⇒ 喪服

礼服の中でも気を遣うのが、喪服です。お葬式などにすでに出席された方も多くいらっしゃるかと思いますが、喪服には正式な喪服と言われている和装の黒喪服から、略式喪服と呼ばれている黒・婚などの暗い色のスーツが一般的ですよね。特に喪主や遺族・親族の方は和装の黒喪服、または黒の略式喪服を着用されるのがマナーの一つです。よくテレビなどでも、喪主の奥様などが黒い着物を着て、遺影を抱えている姿を目にするのではないかなと思います。 男性の場合の和装の黒喪服は、黒紋付きの羽織袴となっていますが、

貸衣装 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。