トップ 貸衣装ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

貸衣装 ナビ礼服を着るにあたって > 夏の礼服

夏の礼服

___ad_entorytop___

夏の礼服の画像

冠婚葬祭時は着用することでマナーを守り、相手への敬意も表すことができる礼服。結婚式やお葬式などでは必ず着用することがルールである礼服は、1年を通して急に必要になるかもしれない服でもあります。そこで、たとえばお葬式のときに着用する喪服においては、オールシーズン対応の素材でできた喪服が開発され、販売されています。

ですがやはり、極寒の冬に薄での喪服では寒さに耐えるのが大変ですし、その逆に夏の喪服も長袖のものだと汗でべっとりとなってしまうかもしれません。そこで今回は、夏の礼服、とくに夏の喪服ついて触れていきたいと思います。

まず、夏用の喪服を買う時に注意しておきたい点、それは透ける素材などが入っておらず、シンプルで長く着られるデザインを選ぶということが一点、それから色は無難なブラックをお勧めしたいと思います。また、夏の礼服だからと言って袖がかなり短いものはNGと言えそう。夏の礼服でも、女性の場合のワンピースやツーピースのスーツの袖は、肘のちょっと上くらいか、肘くらいの長さがマナーとしては必要かと思われます。夏用の礼服を着用するときでも、ストッキングや靴はブラックで飾りのついていない小物をそろえる必要があります。

また、結婚式に参加される場合の夏用礼服でも、女性の場合は露出部分が下品にならないように肩を出すデザインの場合は夏用の薄手素材のショールを羽織るようにするとよいでしょう。冷房対策にもなりますから、お勧めですよ!

今日のお勧め記事 ⇒ 礼服と髪型

礼服を着用する際に特に女性陣がお悩みになるのが、礼服に合った髪形をどうするかということです。たとえば、披露宴などの髪型でしたら美容師さんに華やかにセットしてもらったり、モダンな感じにまとめてもらったりすることができますが、結納のときなどの髪型はどうすればよいのかと悩まれてしまう方もしらっしゃるようですね。礼服を着用して結納を交わす場合には、実際には髪型に既定のルールなどはございません。 華やかにされたい方は、華やかにされても非常識とは取られないでしょう。シンプルな感じでまと

貸衣装 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。