トップ 貸衣装ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

貸衣装 ナビ着物の場合 > 着物の礼服

着物の礼服

___ad_entorytop___

着物の礼服の画像

礼服の中でも正統派として未だに人気のある、着物。着物の礼服は、冠婚葬祭でも受け継がれていますよね。そこで今回は、着物の礼服はどのような種類があるのかについて、触れていきたいと思います。

まず、女性が結婚式などに呼ばれた時に着る着物が通称「留袖」と呼ばれる着物の礼服です。留袖は、振袖に比べると普通の丈の袖で、袖の長さは約50cmくらいと言われています。昔は留袖といえば結婚した後の女性が、振袖の袖をつめて着用していたのですが、現代では礼服として裾模様の紋付が一般的となっております。ちなみに、黒地の着物は黒留袖、そして黒以外の着物は色留袖というそうですよ。

また、昔は留袖を切る場合には2枚の着物を合わせていたのですが、現在では1枚の着物がすでに2枚重ねてきているかのように見えるように仕立ててあるものが主流なのだそうです。また、多くの女性が着物の礼服として成人式や、結婚前の大学の卒業式や謝恩会に袴と合わせて着用するのが振袖と呼ばれる着物です。女性の袖の長い着物です。振り袖は、袖の丈が長いもので115cmくらい(大振袖)、中くらいのもので95cmから100cmくらい(中振袖)、そして85cmくらいの小振袖の3種類に分けられます。

略礼服として用いられる着物が、色無地と呼ばれる着物の全体を一色に染め抜いてある着物です。こちらも、紋を入れて慶弔両方に着用できます。また、その他にも訪問着と呼ばれる着物や、準礼服として着用可能な小紋など、着物にもたくさんの種類と着る際のルールがあるようですね。着物が気になる方は、ぜひ一度、お店などに足を運んでみてはいかがでしょうか?

今日のお勧め記事 ⇒ 着物の礼服

礼服の中でも正統派として未だに人気のある、着物。着物の礼服は、冠婚葬祭でも受け継がれていますよね。そこで今回は、着物の礼服はどのような種類があるのかについて、触れていきたいと思います。 まず、女性が結婚式などに呼ばれた時に着る着物が通称「留袖」と呼ばれる着物の礼服です。留袖は、振袖に比べると普通の丈の袖で、袖の長さは約50cmくらいと言われています。昔は留袖といえば結婚した後の女性が、振袖の袖をつめて着用していたのですが、現代では礼服として裾模様の紋付が一般的となっておりま

貸衣装 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。