トップ 貸衣装ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

貸衣装 ナビ着物の場合 > 着物のレンタル

着物のレンタル

___ad_entorytop___

着物のレンタルの画像

人生の節目や冠婚葬祭で着用することになるのが礼服ですが、中でも伝統的な着物を着用するのも日本の美しさや伝統を感じる気がしてお勧めです。ところが厄介なことに、着物はお値段が高く、美しい着物を虫食いなどから保護するために気をつかわなければならないなど、なかなか気軽に着物を購入できないのが着物の悲しいところですよね。

もちろん、おばあさまが成人式にお召しになり、その娘であるお母様もお召しになった振袖を孫が着る、ということもございますが、やはり着物も時代とともに好まれる柄が変わってきたりもします。そんな高価な着物を購入するよりてっとり早くて便利なのが、着物のレンタルで着物を楽しむ方法です。

成人式から結婚式、初詣や七五三、お宮参り、学校の入学・卒業式など、人生の晴れ舞台には気軽に着物をレンタルして楽しめたらよいのではないでしょうか?大抵成人式や大学の卒業シーズンには、着物のレンタルを行う会社がパンフレットを山のように積み上げて大学の売店横やショップなどに置いてありますが、着物のレンタルの商法としては、なんとインターネットで頼むこともできるようです。インターネットで着物を頼む場合には、実際に現物を見るわけではないのでよーく吟味してみることが大切ですが、価格やお店で借りるより断然お得。

着物のレンタル価格は振袖、留袖、訪問着、浴衣など着物によっても大きな差が生じますし、また振袖の中でも高いものから安いものまでございますので一概には言えません。振り袖の場合は5万円代から10万円弱くらいが一般的な相場のようですし、浴衣なら帯とセットで1万円前後と言えるようです。

今日のお勧め記事 ⇒ 略礼服

礼服には正礼服、準礼服、略礼服の3種類がありますが、礼服の中でも、あまり格調にこだわった式典や結婚式、披露宴などではないパーティーで着用するものが、略礼服と呼ばれる礼服です。 基本的にどんな洋服なのかと言えば、男性の場合にはダークスーツと呼ばれる暗い色のスーツや、インフォーマルスーツなどで、女性の場合にはインフォーマルドレスと呼ばれている自分の好きなカラーにいろいろなアクセサリーなどをつけてフォーマルな雰囲気を演出した簡単なワンピースドレスなどです。電車などでもよく見かける

貸衣装 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。